×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ画像1 トップ画像2 トップ画像3
その他の活動

学生自治会では、大学内に存在する他の団体や大学関係者と協力や話し合いも行っています。

ここでは、そのような活動について紹介をします。


大学内の他団体との協力

大阪府立大学内には、それぞれの目的をもった様々な団体が存在します。

学生自治会は、学生生活を豊かにする他団体とも協力して活動を行っています。


学生団体連絡会議

学生団体連絡会議では、学生団体間での情報交換を行うとともに、各団体の活動を円滑に進められるように調整を行っています。学生団体連絡会議は学生団体連絡会議規則に則り、月に一度、学生自治会が招集しています。


ステージ管理委員会

ステージ管理委員会とは、大学内のステージの購入・管理・運用を行い、その活動を通じて大学内の文化的発展に役立てることを目的に活動している団体です。学生自治会は、構成団体の一つとして、

●ステージの現状確認や、管理・運用に関する話し合い

●ステージ利用団体に対して、ステージ利用時に注意喚起

などの活動をしています。


大型PA再購入実行委員会

大型PA再購入実行委員会とは、大型PA(スピーカー、ミキサーなどの大型音響機器)の再購入を行い、学生の課外活動の充実と大学内の文化的発展に役立てることを目的に活動している団体です。学生自治会は、構成団体の一つとして、

●大型PAの現状確認

●次回の第4期再購入を円滑に行うための定期的な会議

などの活動をしています。


大学関係者との話し合い

学生自治会が活動を行っていくうえで、大学関係者から話を聞くこと、また学生の意見を届けることは欠かせないことです。そのため学生自治会は、大学関係者と話し合いを行っています。


大学の情報・実状を把握するため、また、意見交換を行うことで大学と学生の相互理解を深めるために、月に一度学生センターとの話し合いを行っています。

また、学長とも話し合いを行い、改革や運営について、その動向や詳細について伺い、学生の実情や意見についての報告を行うこともあります。

ここで得られた学生にとって有益な情報は、自治会総合情報誌「NASCA」などを用いて、学生に発信しています。